wud88kam (wud88kam) wrote,

地下水のトリチウム濃度が急上昇写真ニュース

よ」

「ウーディ!何をしてるの!」

「ベルダ様、勇者殿を押えていて下さい。少しの間で構いません」

誰の意見も聞かず。パネライ 人気

ウーディはナバールとの約束を守ってパーティを戦闘区域から離脱させるべく全力で魔法を行使した。パーティを包む優しい緑色のエリアに触れた魔族の兵たちは切り刻まれ、悲鳴と一緒に倒れ行くそれは本当に全力で。響を迎えようと前線に出てきつつあった王国の残軍と合流して尚、半ばまでその勢いを衰えさせることは無く。

術が解けた瞬間に彼は言葉も発する事無く無言で気絶してしまった。

一方。

ナバールの絶叫の意味を悟ったイオは追撃を命じた。だが相当なスピードで戦線を越えていくパーティに対してはきわめて難しい命令で、忠実に命令に従った者は無惨に|膾(なます)にされ、放たれた弓は折られ、魔法は避けられたり防がれた。

「ウーディ殿、本当に感謝する」

「これはお前の作戦か」

苦渋に満ちた顔でイオは目の前に残ったヒューマンの女に問いかけた。

「ああ、そうだ。私の切り札は少し物騒なのでな」

言うと同じくしてナバールは折れた剣を構える。身体から満ちていた輝きはもう虚ろにその残りカスを散らすだけになっていた。

「最早戦えるようには見えないが、それでも続けるのか」

巨人の言葉は嘆息として場に響く。

「当然だ。まだ全てを出し切っていないのだからな!」

ナバールの目はむしろこの状況でも輝きを強めている。折れた剣を握り締めてイオまでの距離を駆け進む。

「玉砕を願うか!」

「私の命など、どの道戦場で無慈悲に無価値に散るだけしかなかったのだ!!その私が死ぬ場所を決め、死ぬ意味を得て、何より気の置けない友の記憶に残って逝ける!剣の鬼が死ぬには勿体無い程の晴れ舞台だよ!!」

「なっ」

イオは、真っ直ぐ放った拳をナバールが回避して懐に入り込んでくると考えていた。その予測が完全に裏切られた事に思わず声を出す。

彼女は、魔将の拳に身を貫かれた。誰の目にも致命傷とわかる勝負を決める一撃。背から拳を生やしたナバールにこれ以上何が出来るのか。

血を吐いた女の口が口角を上げる。

「来たれ死炎」

「っ!?」パネライ 1950

絶命の直前、ナバールの呟きはイオの耳に届かなかったが。

一瞬で周囲に広がった青い炎が彼の視界を覆う。徐々にナバールと彼を囲むように収束していく炎は全てを塵に変えていった。

目が覚める鮮やかな空の青、では無い。

黄昏の後に見る、暗く淀んだ蒼色だ。

「これは、これはっ!?」

命を犠牲にする系統の魔法だと、イオは思い至る。彼女が剣士であったから意識から抜けていた可能性だった。魔法を扱う二人がいなくなった以上、ナバールの選択肢に魔法は無いとどこかで決め付けていた。

極めて密度の高い蒼色の炎球がナバールの骸と、黒の巨人を包み込む。

今にも弾けそうに表面を張りつめさせながら大きさを縮め、場にはイオの絶叫だけが響く。ひときわ大きくなった彼の叫びに呼応したのか、蒼炎は変化した。

大きく輝いたかと思うと、次の瞬間一気に大爆発を引き起こしたのだ。

爆発は広範囲に及び、周囲の魔族や撤退を目指すヒューマンをも巻き込んでいく。

一帯を支配する轟音と戦場を焼く炎。

二つが消えた時、焦げた大地には一つの黒い塊が残っていた。

イオ、であった物。

蹲るような形で溶けた肉体は大きな石のようにも見える。

その石にどこからか現れた青い肌の女性が手を触れた。

魔族、であろうがその顔には特徴的であるはずの角が無い。ほっそりとした外見に最低限の部位を隠す過激な衣装
http://www.watchsrunner.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments